iconアドバンスト・コース

LEGO ブロックで機構を作り、EV3 のコントローラーを使用してモーターやセンサーを接続し、ロボットプログラミングなどを通し、ロボット作りの基礎を学びます。
 
 

アドバンスコースの初めには、シンプルなタイヤロボット (Robins-001)を作成し、モーターの制御方を学びます。
その中で、超音波センサーやタッチセンサー、カラーセンサーなどのセンサーも合わせて使いながら、プログラミングの基本的な事を学びます。

 

ロボットも重量を測定したり、ノギスで寸法を測定したりして、行くことでエンジニアリング的な素養が身に付くように 指導してゆきます。

アドバンスコースがさらに進んでいくと、3つのモーターと、超音波センサーを利用して、周囲の障害物をサーチしながら前進するタイヤロボット (Robins-002)を作成し、プログラミングを学びます。
その中で、条件分岐やループなどのプログラミングの基本的な事を深めて行きます。