WeDo1:Merry-go-round

WeDo1, ジュニア

WeDo1を使ったメリーゴーランドは回転する部分があり、遠心力で広がるようになっています。
このモデルは、単に重ねて作るのではなく、横に入れる部品があったり、回転する部分があります。

また、改造できる要素を多く入れてあり、回転する部分に部品を追加する場合もバランスを考えながら部品を追加する必要があります。

プログラミングも変数を1つ使い、R(Run)キーを押すと、メリーゴーランドが回り始め、Uキーを押すとスピードが速くなり、Dキーを押すとスピードが遅くなるようなサンプルプログラムになっています。

関連記事一覧