英語でロボット教室

楽しくロボットを作りながら英語も使う教室です。
無理に英語を押し付けることなく外国人の先生と英語を使う場面を用意し、生徒達は自然と英語を使うようになって行くようにしています。 
もちろん、英語を話した事が無い生徒にも楽しくロボットを作る事が出来るように配慮し楽しい教室になる用に色々な仕組みを用意しています。

資料請求 & 体験教室
プログラミング

プログラムも大事、ロボットを思い通りに動かすために試行錯誤をしながらプログラムを作ります。 論理的思考の第一歩、思い通りにロボットが動いた時の感動は新たなチャレンジへのエネルギーとなります。 

レッスン
代表 Jin Sato

カナダに永住し22年、ご縁があって日本に帰国しロボットの研究開発のベンチャー会社を起業し12年になりました、ロビンスつくば校をオープンして4年、日本橋校をオープンして1年半となりました。 これからも教材を開発を続けて行きたいと思います。

Jin先生から

英会話+ロボット教室

ロビンスではロボットを作る時に外国人の先生と英語を使う場面が用意されています。
そのため生徒達は自然に慣れ、英語を口にする機会を多くしたいと思っています。

パスポート

ロビンスの教室内に入るときには、ロビンスのパスポートが必要です。 そのパスポートの中には色々な工夫が用意されています。

Helpと言う

ロボットやプログラムを作っていて困ったとき、自分でHelpと言えるようになるのが、大切な事だと思っています。

Good Job.

ロビンスには色々なスタンプがあります、その中に Good Job スタンプがあります。
このスタンプをもらえるのは、ある事が出来たとき。 そのスタンプを集めていくとよい事がおきます。

資料請求&体験教室

ロビンスでは、入会していただく前に必ず体験教室で教室の雰囲気などを体験していただいています。  
同時に先生達が入会していただいた場合にどの時間帯のクラスがよいのか、レッスン内容や英語の指導を如何するかなど事前に確認させていただく意味も持っています。  

資料請求&体験教室

保護者様からの声1

初年度はブロックを動かせることに喜びを感じ楽しんでおりましたが、プログラムやロボットを組み立てる際にマニュアル通りに完成できない様になっていきオリジナルの一工夫が必要になってくると、難しく感じ「行きたくない」「つまらない」「自分で作りたいものを作りたい」となりましたが、先生の工夫でゲームをしたり、いつの間にかその壁も乗り越え、再び楽しんでいます。

保護者様からの声2

ロビンスに入会してはや3年2か月になりました。
最初はロボットの組み立ても、プログラムも与えられたとおりにしかできませんでしたが自分の手で作ったものが動くのがとても楽しく毎週のレッスンが楽しみです。

ロビンス日本橋校 
9月より水曜日クラスを開きます。

皆様のご要望を頂きまして、有難う御座います。 9月より水曜日の17時~18時30分のクラスを新たに開く事とさせていただきました。

日本橋校へ

ロビンスで使っている教材はJin先生がオリジナルで開発しています。

カナダで二人の子供をパブリックスクールに通わせた経験や
もともとエンジニアであり二足歩行ロボットの開発や、LEGO MINDSTORMS を使っての
ロボット作りや書籍などを通して得た経験を元に教材やレッスン手法を開発しています。

WeDo1を使った教材例

パソコンとUSBハブを使ってモーターやセンサーを使ってロボットやメカニズムを作ります。

WeDo2を使った教材例

iPad を使ってプログラムをし、自律的に動き回るロボットを作ります。

EV3を使った教材例

パソコンやiPad を使いプログラミングを行い、複数のセンサー条件などを考えモーターを使って自律的に動くロボットを作ります。